出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「大きい町」の意》カンボジア北部、アンコールにある都城遺跡。12世紀末、クメール王朝のジャヤバルマン7世により建設。一辺3キロメートルの正方形の城壁内に、王宮、バイヨン寺院、ヒンズー教寺院バプーオンなどがある。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉