出典:デジタル大辞泉(小学館)

ウクライナ南部、オデッサ州の都市。黒海北岸から内陸に約80キロメートル、ドナウデルタ有数の河港を有す。12世紀にジェノバ共和国の要塞が築かれ、ワラキア、モルダビアの支配を経て、15世紀末よりオスマン帝国領。ロシア‐トルコ戦争後にロシア領になり、ドナウ艦隊が置かれた。付近には貴重な野生動植物の宝庫であるドナウデルタの湿原が広がり、観光拠点としても知られる。