出典:デジタル大辞泉(小学館)

Uvs nuurУвс нуур》モンゴル北西部、ウブス県にある塩湖。同国最大の湖であり、面積3350平方キロメートル。北岸はロシア連邦トゥバ共和国に接する。ユキヒョウ、ヤギの野生種ヤンギル、ヒツジの野生種アルガリなどの貴重な野生動物が生息するほか、渡り鳥の重要な中継地としてラムサール条約登録地になっている。2003年に「ウブス湖盆地」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。オブス湖。オブスノール。ウブスヌール。

[地理/外国地名/東アジア]カテゴリの言葉