出典:デジタル大辞泉(小学館)

モンゴル中央部の都市ハラホリンカラコルム)にあるチベット仏教ゲルク派の仏教寺院群。108もの卒塔婆(ストゥーパ)が並ぶ約400メートル四方の外壁に囲まれ、内部にはゴルバンゾー、ラブランゾーなどの寺院やソボルガン塔がある。16世紀末、アブタイ=サイン=ハーンにより創設。同国最古の仏教寺院の一つとして知られる。2004年に「オルホン渓谷の文化的景観」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。エルデネゾー。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉