出典:デジタル大辞泉(小学館)

外から中性子の供給を受けることなく、核分裂反応が連続して起こる現象。ウランプルトニウムなどの核分裂性物質は、原子核中性子を1個吸収して核分裂を起こし、2~3個の中性子を放出する。この中性子が他の原子核に吸収されて新たな核分裂を起こす。こうして次々と核分裂が続いて起こる状態。

[補説]原子炉では制御棒で中性子の数を調整することによって、一定の出力が得られるように穏やかに連鎖反応を行わせている。原子爆弾は連鎖反応を急激に起こすことによって瞬時に膨大なエネルギーを発生させる。