出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《ふだん使わずあいている手の意から》左手。また、左のほう。

    1. 「おもしろし―の方へ松が見え」〈柳多留・二三〉

  1. 用を割り当てられずに、手があいていること。また、手のあいている人。手あき。

    1. 「―のものは大道具を錺 (かざ) り付け」〈滑・八笑人・四〉