出典:デジタル大辞泉(小学館)

クレアチンリン酸化された化合物。筋肉神経組織の細胞内でエネルギーを貯蔵する役割を果たす、高エネルギーリン酸化合物の一つ。

[補説]筋細胞にはATPの約5倍のクレアチンリン酸が存在し、激しい運動などでATPが不足すると、クレアチンリン酸が分解してADPリン酸基を渡すことによってATPを再合成し、エネルギーが供給される。一方、休息時にATPの濃度が高くなると、クレアチンとATPからクレアチンリン酸とADPが生成される。これらの反応はクレアチンキナーゼという酵素によって触媒される。ホスホクレアチン。CP(creatine phosphate)。