出典:デジタル大辞泉(小学館)

キリスト教、特にプロテスタントの信仰内容の一。イエス再臨のときに、敬虔 (けいけん) であったすべての死者が蘇り、生きている信徒とともに天を昇ってイエスと出会い、永遠の命を得るというもの。

[補説]携挙の時期が患難時代の前か、最中か、後かについて、各教派の間で主張が異なる。