出典:デジタル大辞泉(小学館)

クリミア半島の南端部にあった古代ギリシャの植民都市。ウクライナ語名ヘルソネス。現在のウクライナ南部の都市セバストポリ付近に位置する。東ローマ帝国時代にケルソンまたはヘルソンと呼ばれ、交易の拠点として栄えた。城壁で囲まれた都市跡には神殿、劇場、城壁などの遺跡があり、現在は野外博物館として公開されている。