出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ハ四]

  1. 幼児が片言を言う。

    1. 「天皇則ち皇子の鵠 (くぐひ) を見て―・ふことを」〈垂仁紀〉

  1. 魚が水面近くに浮いて、口をぱくぱくする。

    1. 「魚 (いを) 皆浮き出で、水のまにまに―・ふ」〈熱田本神武紀〉