出典:デジタル大辞泉(小学館)

coenzyme Q10補酵素Qのうち、哺乳類の多くに存在する型。体内の電子伝達系ATPの産生に関与している。食品では魚介類や肉類に多く含まれるが、体内でも生合成され、ベンゾキノン部がフェニルアラニン、イソプレン部がアセチルCoAから合成される。抗酸化作用があるとして注目され、健康食品などに配合されているが、安全性・有効性は必ずしも明確にされていない。分子式C59H90O4 補酵素Q10。ユビキノン10。ユビデカレノン。ビタミンQ。CoQ10。UQ10。

[補説]Qはキノン(quinone)の頭文字。10は分子構造に含まれるイソプレン単位の数を表す。