(あきな)いは牛の涎(よだれ) の意味

  1. 商売は、牛のよだれが切れ目なく長く垂れるように、気長く努力せよということ。