出典:デジタル大辞泉(小学館)

Japanese Institution of Standardizing Assisted Reproductive Technology》不妊治療を行う民間医療施設が組織する一般社団法人。平成15年(2003)設立。人工授精・体外受精などの生殖補助医療の実施規定を作成し、会員施設の審査・認定を行うことにより医療の質の向上を図る。日本生殖補助医療標準化機関。