出典:デジタル大辞泉(小学館)

植生・地形・地質など優れた自然環境を維持している、原生自然環境保全地域以外の区域で、自然環境の保全が必要と認められる地域。自然環境保全法に基づいて環境大臣が指定する。→都道府県自然環境保全地域

[補説]大平山 (おおひらやま) (北海道)、白神山地(青森県・秋田県)、和賀岳 (わがだけ) (岩手県)、早池峰 (はやちね) (岩手県)、大佐飛山 (おおさびやま) (栃木県)、利根川源流部(群馬県)、笹ヶ峰(愛媛県・高知県)、白髪岳(熊本県)、稲尾岳(鹿児島県)、崎山湾(沖縄県)の10地域が指定されている(平成29年現在)。