出典:デジタル大辞泉(小学館)

電力会社が供給する電力の周波数を変換する施設。東日本で50ヘルツ、西日本で60ヘルツで供給されている周波数を、それぞれ他方の周波数に変換することができる。電力を相互に融通するためには、周波数を変換する必要があり、静岡県の佐久間周波数変換所・東清水変電所、長野県の新信濃変電所が稼働している。

[補説]日本では、明治時代に東京でドイツ製の50ヘルツの発電機、大阪で米国製の60ヘルツの発電機をそれぞれ導入したことから、東西で異なる周波数の電力が供給されている。