出典:デジタル大辞泉(小学館)

寺院の絵所に属し、仏教絵画の制作、仏像の彩色を職業とした者。平安時代に始まり、僧籍にあって、鎌倉中期までは僧位が与えられていた。京の宅磨 (たくま) 派・奈良の巨勢 (こせ) 派など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉