あきない‐ぐち〔あきなひ‐〕【商い口】 の意味

  1. 商品を売り込む所。得意先。「協力して商い口をふやす」
  1. 物を商うための巧みな話しぶり。
    • 「―利 (き) きて、親のゆづり銀をへらさぬ人ならば」〈浮・永代蔵・一〉
  • 名詞