出典:デジタル大辞泉(小学館)

皮膚などの採取しやすい細胞から、神経細胞や心筋細胞に分化する幹細胞を作成する技術。名称はiPS細胞を介さず、必要な幹細胞を直接(ダイレクトに)作成することに由来する。iPS細胞と同様に、自分の体細胞を使うことで拒絶反応を回避でき、再生医療への応用が期待される。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉