出典:デジタル大辞泉(小学館)

Kakh-e Chehel Sotoun》イラン中部の都市イスファハーンにある建物。17世紀半ば、サファビー朝アッバース2世よって迎賓館として建造された。名称は「40本の柱」を意味する。これは、庭園に面するバルコニー部分は20本の柱で支えられているものの、泉への映り込みと合わせると40本になることに由来する。現在は歴史画やサファビー朝ゆかりの品々を展示する博物館になっている。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉