出典:デジタル大辞泉(小学館)

モンゴル東部の都市。ドルノド県の県都。中国との国境に近く、ケルレン川沿いに位置する。モンゴル人民革命以前はサンベイス、1941年までバヤントゥメンと呼ばれ、以降、第4代大統領ホルローギーン=チョイバルサンにちなんで現名称になった。ノモンハン事件(ハルハ河戦争)の激戦地に近く、戦勝の記念碑やソ連軍指揮官ゲオルギー=ジューコフ元帥ゆかりの家(現在は博物館)などがある。