出典:デジタル大辞泉(小学館)

ウズベキスタン南部、スルハンダリヤ州の都市。同州の州都。アフガニスタンとの国境に近く、アムダリア川沿いに位置する。紀元前3世紀から前2世紀頃のバクトリア時代の遺跡がある。クシャン朝時代に仏教が盛んになり、7世紀にアラブ人が進出した。