出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 烏帽子が脱げないように、後部の風口 (かざくち) につけて後頭部で結んだり、頂上からかけてあごの下で結んだりする紐 (ひも) 。武士の折烏帽子では組緒を用い、頂頭 (ちょうず) 掛けという。

  1. 烏帽子を掛けるため柱に打つくぎ。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉