出典:デジタル大辞泉(小学館)

おおよそ等しいこと。ほとんど等しいこと。記号「≒」を使うことがある。