出典:デジタル大辞泉(小学館)

second level cache》コンピューターの処理速度の高速化を図るため、CPU内部に設けられたキャッシュメモリー。最も使用頻度の高いデータは高速で容量が小さい一次キャッシュに保存される。CPUが必要とするデータが一次キャッシュにない場合、より低速で容量が大きい二次キャッシュ、三次キャッシュ主記憶装置の順にデータを読み取りに行く。L2キャッシュ。レベルツーキャッシュ。セカンダリーキャッシュ。