出典:デジタル大辞泉(小学館)

hashing》元の数値や文字列からハッシュ関数によって固定長疑似乱数を生成して暗号化すること。この操作によって得られる値をハッシュ値という。ハッシング。