出典:デジタル大辞泉(小学館)

地球上の最初の生命は宇宙からもたらされたという仮説。スウェーデンの物理化学者スバンテ=アレニウスが、他の天体で発生した微生物の胞子のようなものが、隕石や彗星に付着して地上に飛来したという説を唱えた。胚種広布説。宇宙汎種説。宇宙播種説。