出典:デジタル大辞泉(小学館)

経典の絵解き、社寺の縁起、高僧の伝記、説話や作り物語などを絵に描き、変化する画面を鑑賞する巻物。ふつう、画面を説明する詞書 (ことばがき) を絵と交互に書き添える。奈良時代に始まり、平安・鎌倉期に盛行、室町期には衰えた。「信貴山 (しぎさん) 縁起絵巻」「源氏物語絵巻」「鳥獣戯画」など。絵巻物。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース