出典:デジタル大辞泉(小学館)

長唄。弘化2年(1845)初演。大名の南部利済 (なんぶとしなり) が、作曲者を困らせようとして作った歌詞に、10世杵屋六左衛門が曲をつけたものという。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉