出典:デジタル大辞泉(小学館)

ビタミンに似た生理作用をもつ有機化合物。微量で体内の代謝に重要な役割を担うが、ビタミンとは違って体内で生合成できるため、栄養素として必ずしも摂取する必要がないもの。リポ酸・カルニチン・ユビキノン(ビタミンQ)・必須脂肪酸(ビタミンF)など。ビタミン様作用物質。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉