出典:デジタル大辞泉(小学館)

絶縁体または半導体の表面付近において、電子と正孔の対が再結合すること。一般的に、固体表面は不純物の混入や格子欠陥によって再結合が起きやすいと考えられている。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉