あき‐の‐うなぎつかみ【秋の××攫み】 の意味

  1. タデ科の一年草。湿地に自生し、半ば蔓状 (つるじょう) になる。秋に淡紅色の小花が咲く。あきのうなぎづる。