出典:デジタル大辞泉(小学館)

《すりへらず、ながく価値を保つ法典の意》

  1. 大日本帝国憲法の美称。発布時の勅語に「現在及将来の臣民に対し、此の不磨の大典を宣布す」とあったところから。

  1. 長い間改定されていない、重要な法律や規則。