出典:デジタル大辞泉(小学館)

ウズベキスタン南部、スルハンダリヤ州の一地域。ジャンダ織や羊毛の生地に刺繍 (ししゅう) を施したカシタギラムの産地。シャーマニズムゾロアスター教に由来する儀式や独特な祭りなどが残っており、2001年に無形文化遺産に登録された。