あき‐の‐か【秋の香】 の意味

  1. 秋をしみじみと感じさせる、菊などの香り。「秋の香漂う文化の日」
  1. 松茸 (まつたけ) の香り。また、松茸。
    • 「高松のこの峰も狭 (せ) に笠立てて満ち盛 (さか) りたる―のよさ」〈・二二三三〉
  • 名詞