出典:デジタル大辞泉(小学館)

interpolated resolutionスキャナーなどで画像データを出力する際、画素補間処理によって疑似的に光学解像度を上回る解像度にしたもの。