出典:デジタル大辞泉(小学館)

麻疹 (はしか) 風疹の罹患・発症および症状の重篤化を予防するために接種される製剤。麻疹・風疹の病原体を弱毒化したもので、生ワクチンに分類される。注射接種により体内で能動免疫が作り出され、麻疹・風疹への感染を予防する。日本では平成18年(2006)の予防接種法の改正に伴い、1歳から2歳の間(第1期)に1回、小学校就学前の1年間(第2期)に1回の計2回接種が法定定期接種として推奨されている。麻疹・風疹混合ワクチン。

[補説]平成19年(2007)、大学生を中心に全国で麻疹が流行したのを期に、翌年8月、厚生労働省が麻疹排除計画を策定し、本格的な取り組みを開始した。