出典:デジタル大辞泉(小学館)

無形文化遺産保護条約に基づいて登録された、世界各地の芸能、口承文学、社会的な習慣や儀式・祭事、自然に関する知識や慣習、伝統工芸技術などのさまざまな無形の伝統文化遺産。日本の文化では能楽結城紬などが取り上げられている。その他に、馬頭琴の伝統音楽(モンゴル)、バヌアツの砂絵、カラワヤ族のアンデス的宇宙観(ボリビア)など。

[補説]日本の無形文化遺産(かっこ内は記載年)
能楽(平成20年)
人形浄瑠璃文楽(平成20年)
歌舞伎(平成20年)
雅楽(平成21年)
小千谷縮越後上布(平成21年)
石州半紙(平成21年)※「和紙」に統合
日立風流物(平成21年)※「山・鉾・屋台行事」に統合
京都祇園祭山鉾行事(平成21年)※「山・鉾・屋台行事」に統合
甑島 (こしきしま) のトシドン(平成21年)※「来訪神」に統合
奥能登のあえのこと(平成21年)
早池峰神楽(平成21年)
秋保 (あきう) の田植踊(平成21年)
チャッキラコ(平成21年)
大日堂舞楽(平成21年)
題目立 (だいもくたて) (平成21年)
アイヌの古式舞踊(平成21年)
組踊(平成22年)
結城紬(平成22年)
壬生 (みぶ) の花田植(平成23年)
佐陀 (さだ) 神能(平成23年)
那智 (なち) の田楽(平成24年)
和食 日本人の伝統的な食文化(平成25年)
和紙 日本の手漉 (てすき) 和紙技術(平成26年)
屋台行事(平成28年)
来訪神 仮面・仮装の神々(平成30年)

出典:gooニュース