出典:デジタル大辞泉(小学館)

生物界に広く存在するキノン化合物。脂溶性のビタミン様物質で、動物の体内でも合成される。ミトコンドリアの内膜に存在し、電子伝達体の一つとして生体内の酸化還元反応に関与する。生物の種類によって側鎖イソプレン単位の数が異なり、ヒトやウシなど哺乳類の多くは10であることから、CoQ10 (コキューテン) (あるいは「UQ10」)などと表記される。補酵素Q。コエンザイムQ。CoQ。UQ