あきのくる‐かた【秋の来る方】 の意味

  1. 《秋は方角で西にあたり、建物が近衛府の西方にあったところから》右衛門府のこと。
  • 名詞