出典:デジタル大辞泉(小学館)

ある物を集めて一つの形とした絵。幕末の浮世絵師歌川国芳と弟子が描いた、人の顔が多数の人の形からなっている絵などが有名。16世紀のヨーロッパにもイタリアのアルチンボルドのように同じような構想の絵がある。