出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本銀行が集計・公表するマネーストック統計の指標の一つで、現金通貨と国内銀行等に預けられた預金の合計。→M1M3広義流動性

[補説]日本銀行は郵政民営化や金融商品の多様化などによる環境の変化に対応するため、従来の「マネーサプライ統計」を見直し、集計対象や指標の定義を改定。平成20年(2008)6月から名称を「マネーストック統計」に変更した。マネーストック統計のM2の集計対象はマネーサプライ統計のM2+CDとほぼ同じだが、非居住者の預金が除外されている。