出典:デジタル大辞泉(小学館)

Mutual Defense Assistance Agreement》米国が、相互安全保障法(MSA)に基づいて自由主義諸国と締結した防衛協定。MSA協定の一。相互防衛援助協定。

[補説]日本は昭和29年(1954)に日米相互防衛援助協定(正式名称「日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定」)を締結。これに基づいて米国は日本に軍を配置し、防衛力の増強が義務づけられた。日本は、防衛の目的で再軍備が認められ、保安隊自衛隊に改編した。