出典:デジタル大辞泉(小学館)

Qasr al Hallabat》ヨルダン北部にある城塞跡。首都アンマンの北東約40キロメートルに位置する。古代ローマ時代に要塞として建造、東ローマ帝国時代には修道院になった。ウマイヤ朝時代にイスラム人が増改築し、城塞および宮殿として利用した。周辺には浴場、貯水池などの遺構がある。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉