出典:デジタル大辞泉(小学館)

自分の行為の影響がそのまま自分に及ぶこと。他人の失敗や不正を批判した者が同様の行為をしていたと後になって発覚し、自らも批判を受けること。→天に向かって唾を吐く

[補説]平成16年(2004)に自民党の閣僚らが過去に公的年金を未納だった期間があることが発覚。当時野党の民主党が激しく批判したが、直後に同党幹部らにも未納期間があったことが判明し、主にインターネット上で「ブーメラン現象」と揶揄 (やゆ) された。