出典:デジタル大辞泉(小学館)

《形容詞「えら(偉)い」の語幹から》

  1. はなはだしいこと。すぐれていること。

    1. 「こちとらが夕べの働き、―ぢゃぞえ」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記

  1. 名詞・形容詞語幹の上に付き接頭語的に用いて、たいそうな、ひと通りでない、の意を表す。

    1. 「尚さんは―怒りの、―癇癪 (かんしゃく) ぢゃぞえ」〈伎・飛馬始〉