出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 水中にすむ動物の呼吸器官。魚類のものは、ふつう櫛 (くし) の歯のような鰓弁 (さいべん) に毛細血管が分布し、これに触れる水から酸素をとり、二酸化炭素を出す。

  1. 人のあごの骨の左右に角をなす部分。えらぼね。「―の張った顔」