出典:デジタル大辞泉(小学館)

サウジアラビア北西部にある古代都市の遺跡。遊牧民のナバテア人によって建設され、紀元前1世紀から紀元後1世紀にかけて栄えた。古代ローマに征服され、交易の要地としての役割を失い、廃墟になったと考えられている。岩盤を掘り込んで作られ、アッシリアギリシャの影響を受けた装飾が施された霊廟 (れいびょう) 群のほか、ナバテア文明以前の碑文や洞窟絵画などが残っている。2008年、「アルヒジュルの古代遺跡(マダインサーレ)」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。アルヒジュル。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉