出典:デジタル大辞泉(小学館)

パルサー(高速で自転し、電磁パルスを発する中性子星)を含む連星。1974年、PSR1913+16という連星パルサーが発見され、自転周期と公転周期の精密な観測により、一般相対性理論から予測される重力波を放出していることが間接的に確認された。この業績により、米国のジョセフ=テーラーとラッセル=ハルスは1993年にノーベル物理学賞を受賞した。