あき‐び【空き日/明き日】 の意味

  1. からだのあいている日。特に、遊女の、客がなくて暇な日。
    • 「お敵の方から―を頼み」〈浮・禁短気・五〉
  • 名詞