出典:デジタル大辞泉(小学館)

襟に付く」に同じ。

「さきの異人さんは、…心意気のいい人だから、…襟元へ付かないのは、やぼのゆきどまりで」〈魯文安愚楽鍋